人文社会系を中心とする単行本・ムックの企画・編集・制作の編集プロダクション

アカデメイア top

制作実績 > 企画・編集

『一気に読める「戦争」の昭和史 1937→1945』

小川 榮太郎【著】


日本人は“何"を守り、“何"を失ったのだろう…… 戦後70年、先の「戦争」を問い直す― 日本近現代史の新機軸! ! 「言葉」+「通史」だから、歴史の流れがよくわかる! 384ページを一気読み! ! 「盧溝橋事件」から「玉音放送」までの激動の時代―。当時の【言葉】から先の大戦の意味を解き明かす。
平成27年8月8日発売
企画・編集を担当しました。

『プロ野球男気図鑑 - 昭和の名選手から平成のスターまで日本人の心を掴んだ漢たちの物語』

OAK MOOK


プロ野球界で「男気」といえば、広島東洋カープの黒田正樹選手がクローズアップされるが、彼だけが「男気」を通したわけではない。 この本では、プロ野球界で「男気」を見せてくれた男たちを紹介していきます。
平成27年5月25日発売
企画・編集・取材を担当しました。

『諜報機関 - 日本の諜報活動最前線を記す 』

井上 太郎【著】


日本の諜報活動(インテリジェンス)の最前線を記す!Twitterで絶大な支持を得ている、正体不明の謎のアカウント井上太郎@kaminoishiの第二作がいよいよ刊行!
平成27年12月11日発売
編集を担当しました。

『イースト新書 厚生労働省改造論』

秋葉賢也【著】


国家予算30兆円超。「医療・介護・年金」問題の核心を握る「巨大ブラック官庁」の深層。「本書は、地方創生と社会保障システム維持にかける著者の“血の叫び"である」 増田寛也 元総務大臣(『地方消滅』著者)絶賛! 被災地出身の政治家として、到来する「人口減少社会」における中央と地方の格差、被災地の現実、「この国のかたち」の近未来像を描く。
平成27年02月08日発売
企画・編集・取材を担当しました。

『もし、あの野球選手がこうなっていたら―データで読み解くプロ野球「たられば」ワールド』

広尾 晃【著】


「長嶋茂雄が、巨人に入団しなかったら」「江川卓が、空白の一日を使わずに阪神に入団していたら」そんな「もしも」は尽きない。そうした野球史にまつわる「たられば」、実際の野球の過去の記録を徹底的に拾い出し、そこから最新の分析方法で詳細に検証してプロ野球の「もしも」を分析、まったく違ったプロ野球の世界を描き出す。
平成26年09月26日発売
企画・編集を担当しました。

『「記憶」より「記録」に残る男長嶋茂雄 - データを駆使して背番号3を捉えなおす』

Oak mook


真の安打製造機は長嶋。盗塁もできる4番打者。3度も逃した三冠王。もしも長嶋がメジャーに行ったら?1冊丸ごと“スコア"から徹底分析!!データを駆使して背番号3を捉えなおす。発掘! 佐倉一高時代、3冊のスコアブックに記された成長の足跡。
平成25年10月29日発売
企画・編集・取材を担当しました。

『真説 日本経済』

三橋 貴明【著】


「経済的自虐史観」に、惑わされるな! 今の日本経済が抱える真の問題は、国民が「日本経済はもう成長できない」と、間違った思い込みをしていることだ。 日本は必ず復活する。 「経済的自虐史観」のままでは日本は滅びる。
平成24年5月26日発売
企画・編集・取材を担当しました。

『利権マスコミの真実―「報道しない自由」を作ってきたのは誰だ』

OAK MOOK405


利権に絡みつき、情報を歪め、ブームをつくってきた者たちへのレクイエム。原発報道、記者クラブ、印象操作とステルスマーケティング、韓流ゴリ押し、無視される国旗国歌、スポンサーという名の巨悪、TPPで買われる日本のTV局……気鋭の論客や著名ジャーナリストが日本のマスコミのあり方を問う。

平成23年11月29日発売
企画・インタビュー取材・編集全般を担当しました。

『原子力村の大罪』

小出裕章、西尾幹二、佐藤栄佐久、桜井勝延、恩田勝亘、星亮一、玄侑宗久著


四重苦“福島の現実”を見よ!原発マフィア―経産省、東京電力の腐敗構造。「わたしはお墓にひなんします」という老女の遺書。原発事故は戦争である。

平成23年9月1日発売
企画、現地取材、編集を担当しました。

『逆説の政治哲学―正義が人を殺すとき』

岩田温著


「正義を実現しようとする人は、無自覚のうちに『ファシズムの罠』に絡め取られてしまう―」先人たちの思想がもたらした光と影。 今日本に必要な思想とは何か。アリストテレス、マルクス、ヒトラー・・・数ある偉人たちの名言から、国家再建のための神髄を紹介。巻末に佐藤優の解説収録。

平成23年7月11日発売
企画・構成・編集を担当しました。

『撃論Vol.2』

OAK MOOK388


平沼赳夫衆院議員インタビュー「浜岡原発を停止した"権力亡者"菅直人」
佐藤正久参院議員インタビュー「本当の危機に日本は国防を遂行できるのか」
田母神俊雄×佐藤栄佐久「同郷対談 "ふるさと福島"は必ず蘇る!」

などの企画・取材・編集を担当しました。
平成23年7月4日発売

『撃論Vol.1』

OAK MOOK377


田母神俊雄×渡部昇一「対談・日本人が今、日本のためにできること」
イリハム・マハムティ氏インタビュー「国を奪われるということ」
三橋貴明「世界経済を牽引する『大躍進中国』の真っ赤な嘘」

などの企画・取材・編集等を担当しました。
平成23年4月28日発売

更新履歴

Powered by RSSリスティング

電話:03-6458-0843 メール:info@academeia.co.jp